長井水産
長井水産

会社沿革

昭和24年6月 旧長井漁港内に長井製氷冷蔵㈱設立。漁業用「氷」、餌料の供給開始
昭和33年4月 神奈川県漁業組合連合会長井冷凍工場として営業開始
昭和40年9月 県漁連と長井町漁業協同組合の暫定協同営業開始
昭和40年12月 長井水産㈱設立 初代社長 嘉山定治
昭和44年9月 現長井漁港に施設を移転、新施設は冷蔵200t、貯水室を備える
昭和45年6月 長井魚市場の入札参加資格を取得、鮮魚仲介業務を開始
昭和46年4月 海上自衛隊入札参加登録
昭和49年4月 防衛大学校、陸上自衛隊入札参加登録
昭和54年11月 嘉山定治、大日本水産会から水産功労者として表彰される
平成2年5月 代表取締役社長に嘉山昱男就任
平成3年8月 三崎魚市場沿岸部門の買参人資格取得
平成5年10月 新社屋落成、直売センターオープン
平成8年3月 年間売上高50億円達成
平成13年3月 第2加工場新設
平成25年3月 横須賀市新港町のよこすかポートマーケットに産直ショップをオープン
平成25年4月 本社電気設備改善事業が経産省の「エネルギー使用合理化」事業に認定
平成28年4月 横須賀市立公園「長井海の手公園ソレイユの丘」の指定管理事業に参画
平成29年3月 横浜市保土ヶ谷区、洪福寺松原商店街に「彩鮮市場」をオープン
平成30年6月 代表取締役社長に嘉山定晃就任
平成30年7月 横須賀市大楠漁協の買参人資格取得
令和元年9月 横浜市中央卸売市場の仲買買参人資格を取得
令和2年4月 横須賀市本町のコースカベイサイドストアーズに「彩鮮市場」をオープン